RSS
ホーム > アフィリエイト・サービスの紹介(海外) >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

【海外】有栖川宮を名乗る必要なし。あなたも本物の侯爵、伯爵になれる。アフィリエイトプログラムで「爵位」を仲介してコミッションを稼ごう!!

投稿者 石川洋一 2004年08月09日 22:18

ゆめゆめ疑う事なかれ。あなたは正真正銘の伯爵、侯爵、北海道の方ならばお好みで男爵を名乗ることが出来ます。ジャガイモの話ではありません。れっきとした昔懐かしい「爵位」があなたのものになります。あなたの「山の神」いや、オクサンも勿論「xx男爵令夫人」であり「xx侯爵令夫人」になれるのです。

メリット?
一流ホテルのロビーで、「xx侯爵様、令夫人様、お迎えのお車が参りました!」などと、ベルボーイに呼ばれれば、ロビー中の視線はあなたに集まること間違いなし――。

本物の、法律的に認められた「爵位」があなたのものになるのです。お値段は一件4万円から6万円程度。オクサンと対で申し込めば割引もあるようです。「こういうV.I.P.のタイトルが欲しい」と申し込めば探してきてくれると云いますから、肩書きを血なまこで探している方々には打ってつけのサイトのようです・・・。

扱っている爵位は次の通り。
・ Lord (男爵―英国)
・ Baron (男爵―英国以外)
・ Count (伯爵)
・ Viscount (子爵)
・ Marquis (侯爵)
・ Sir (~卿閣下)
・ 以上と対になった女性の爵位

実は、この「爵位」のアフィリエイトの話しは、2000年11月のアフィリエイト・ポータルネットに載せた話です。足かけ5年も駄文を書いていると、中には、あれはどうなった、と気になる話しもあるものです。2000年11月といえば、このサイトがオープンしたばっかり。日本には情報になるようなアフィリエイト話はまったくなく、海外のブンケンをあさっていたのを懐かしく思い出します。その中でも、未だに思い出されるのが、この爵位のアフィリエイトと、「お棺」のアフィリエイト、そしてジェット機のアフィリエイトです。(「お棺」とは、あなたがこの世におさらばして遠い国に旅立つときに、あなたを運んでくれるイレモノの一種です。)

今日は、爵位の話しをしましょう。なんと、この爵位のアフィリエイトプログラム、まだ、健在でした。但し、英文のサイトをもっていないとダメだとのことです。これを機会に是非、英文のサイトを作ってみて下さい。アフィリエイトコミッションは35ドル(約4000円)。日本で運営する場合は、コミッション稼ぎよりも、世の中にはまだまだ、このような爵位を渇望し、利用しようとしているジンブツもいるようですから、そのような人にコンタクトしたら如何でしょう。但し、決して、安売りしてはなりません。一件100万円程度でも、買う人がいるのではありませんか? 丸儲けです!!

落ち込み気味の芸能人、もしかすると、小泉首相も、人気回復のために、伯爵など購入するかも知れませんよ。この爵位を売買するサイトを “Elite Titles”といいます。英国やヨーロッパ大陸の、ある国々の「爵位」の売買を斡旋しているサイトです。 チェックしてみましたら、新旧ふたつのサイトがあるようです。新しいサイトは最近出来たようですから、商売は大繁盛のようです。新しいサイトは、作りからして、モダンです。
http://www.elitetitles.net/ (新しいサイト)
http://www.elitetitles.co.uk/ (昔のサイト)

アフィリエイトの申し込みは下記から。
http://www.elitetitles.co.uk/main/index.htm 

実際に、爵位を買った人の経験談が載っています。

「伯爵と伯爵令夫人のタイトルの購入に関し、いろいろとありがとうございました。この件でのあなた方のアクションは、素早く、本当に感謝致します。サイトには実際に爵位を取った方々のお話が沢山載っておりますが、皆様方のお話は本当で、まさに、あなたがたのお仕事は、プロの仕事というにふさわしいものです。これからの人生が本当に楽しみです。 2004年3月  F男爵夫人 英国」

「これは、私の人生のうちで最も輝かしい、美しい瞬間でした。あなたがたの本当に、献身的な仕事ぶりに心より感謝致します。私の新しいステイタスに対して示した私の友人達の反応は、本当に、期待以上のものでした。新しい、多くの、素晴らしい友人達を持つことが出来ました。心より、あなた方に感謝致します。
2004年3月  A伯爵  ニュージーランド」

これらの爵位は、子孫に継がせることは出来ない一代きりのものですが、法律的に認められた本物であり、取得したら一生涯使用することが出来るようです。英国市民、或いはその国の国籍を持たなくても良いそうですから、ヤマガタ県人、サイタマ県人のあなたにも可能でしょう。

からくりといっては失礼だが仕組みは、爵位を持っている人から譲り受けるようです。ですから早い者勝ち。幾つもあるというものでも無いようです。

一度取得したら、あなたの名刺は元より、クレジットカード、銀行口座、運転免許証、パスポートなどにも使えるとのこと(但し、日本の法律はご自分でお調べ下さい)。

国際法及び、英国の法律によれば「あなたは、自分自身を自分の好み通りに呼ぶことが出来る」そうですから、ご自身を「xx侯爵」と呼んでも、裏付けがあれば人を騙すことにならないし、正当な行為だそうです。あなたも、名詞に刷り込んだら如何でしょう。 
「内閣総理大臣 伯爵 小泉純一郎」 支持率、70%台回復間違いなし!!!

現存しない、有栖川宮を名乗って、手が後ろに回る、などという代物ではありません。正真正銘の爵位だから、他人から文句のつけられようがありません。どなたか、実行されたらそのお話をお聞かせください。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/445


このページの先頭へ戻る