RSS
ホーム > アフィリエイト事情(海外) >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

アフィリエイトプログラムを真似て、世界を相手に稼ぎまくったモンキービジネス、米連邦取引委員会により告発

投稿者 石川洋一 2001年06月27日 23:43

読者の皆さんは、SkyBiz.com と言うアメリカの会社が売っている「SOHO運営の為の教育用ソフト」購入の勧誘を受けたことはないだろうか?

実は、筆者はその記憶がある。二三年前、インターネットセミナーに出席された方から、突然電話をもらった。
「実は、インターネットを利用した金儲けの話があるというのですが、アメリカの会社なので、内容が良く分からない。ちょっと調べていただけないでしょうか?」と言う問い合わせだったと思う。

内容をチェックしたところ、いわゆる「ピラミッド型」のビジネスである。曰わく;
「ご家庭で出来るインターネットビジネスです。ホームページが簡単に創れます。価格は僅か125ドルです。そして、あなたの下にパートナーを作ってこのソフトを売って行きましょう。***段階までパートナーを作ると、あなたは億万長者も夢ではありません」、というものである。そして、トップページのみ日本語で(と、記憶する)、後はすべて英語であった。

問い合わせのあった方には、「肝心の所が英語だから、ご自分で理解できなかったら無理をされない方がよい」といった返事をしたと思う。

二三年前、1998年から1999年頃というと、初期インターネットブームの真っ盛りで、SOHOに夢中になっていた方々があちこちにいた頃である。世界規模でSOHOが出来るというのが、SkyBiz.comの売り込みであった。実は、このサイトが記憶に残っていたのは、[Associate Programs]という、言葉を使っていたからである。筆者が、何となくこのマーケティング手法に興味を持ち始めて頃であった。

この skybiz.com とその系列会社など4社が、このたび、アメリカの連邦取引委員会(日本の公正取引委員会にあたる)の告発を受け、「ピラミッド型の詐欺行為」として、約200億円の罰金刑を課せられることになった。このピラミッド型のビジネスは、一部のトップの人のみが利益を受けることが出来、大半の投資者は損失を被るという。Skybiz.com は、連邦取引委員会から、集めた金を会員に返済するようにと命じられているという。

アメリカのオクラホマに本拠を置く彼らは、1998年以来、セミナーや、さまざまのプレゼンを使用して、世界200カ国にビジネスを展開し、連邦取引委員会の言を借りれば「インターネットを利用した、かつて無いほどの大規模なピラミッド型ビジネスで、アジアの多くの国、インドやタイ、オーストラリアなどに多くの被害が出ている」とのことである。日本ではどうだろうか。気になるところである。

なお、念を押すまでもないが、「ピラミッド型のマーケティングビジネス」は、アフィリエイト・マーケティングとは勿論、「マルチレベル・マーケティング (MLM)」とも、まったく違うということである。

MLMについては、筆者が2001年1月23日のTips & topics に「アフィリエイト・マーケティングとマルチレベル・マーケティング」と題して書いているので、それを参考にして頂きたい。MLM は、学問的な研究も進んでいる立派なマーケティング手法で、多くの内外の有名企業が採用して成功しているビジネス手法である。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/73


このページの先頭へ戻る