RSS
ホーム > アフィリエイト事情(海外) >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

【海外】あなたのサイトが書き換えられる! アメリカのインターネット業界をゆるがす, 無法者 ”scumware” の横行

投稿者 石川洋一 2001年09月03日 23:16

あなたは、software, freeware, shareware なる言葉は、コンピュータを使っている以上聞いたことがあるだろうし、横文字とはいえ、多くの人にとってはおなじみの単語である。

しかし、scumware (スカムウエア)なる単語は、一般の人にはあまり馴染みが無いに違いない。この単語、いま、アメリカのインターネット業界を揺るがしている怪物である。更に、アメリカの有力 ASP (Affiliate Service/Solution Provider) である、BeFree がからまって、問題を複雑にしている。

そもそも、scumware とは、何者か? Scum とは、辞書を調べると次のように出ている。

「1a (煮沸または発酵の際に生じる)浮きかす”泡”, b (停滞した水面にできる)浮き泡.  2 a 人間のくず  b 人間のかす, ごくつぶし」

あまり良い意味でないのはお分かりだろう。「浮き泡のようなもの」「人間のカスのようなもの」といった意味になる。

一種のソフトウエアで、種類は幾つかあるらしい。例えば、あなたのホームページの上に、あなたの許可無しに、別の広告主の広告が現れるとか、現存のバナー広告を覆うようにポップアップ式に別の広告が張り付く、といったことである。

例えば、次のようなことが起るのである。

あなたのサイトに”自動車”という単語があったとする。そうすると、あなたの意図を無視して、”自動車”にハイパーリンクがついてしまって、それをクリックすると、すべて、”トヨタ”のサイトに飛んでしまうと言うのである(例えばの話である)。

これは、どのようなことが起るかというと、ニッサンのサイトに”自動車”という単語があると、その単語にすべて、ハイパーリンクがついてしまい、クリックすると”トヨタ”のサイトに飛ぶということなのである。

あなたのサイトに”ビール”という単語があったとする。あなたは”キリンビール”の愛好家なのだが、あなたの意図を無視して、それにハイパーリンクがついてしまい、クリックするとすべて、例えばの話だが、”アサヒビール”のサイトに飛んでしまうと云うのである。

そして、”トヨタ”や、”アサヒ”は、一クリックに対して幾らというコミッションを支払うということになる。

更に、コマーシャルサイトの書き換えだけならばともかく、アメリカ政府の公式サイトも書き換えられる可能性があるというのである。問題の重要性がお分かりと思う。

このように、ホームページオーナーの許可無くして、ホームページの改ざんをやってしまうソフトのことを scumware (スカムウエア)と呼んでいるのである。

問題は、”scumware” を提供しているサイトから、既に、数百万の人たちがこれらのソフトを、ダウンロードして、どのような結果をもたらすかの意味も分からずに使い始めているらしいのである。

「インターネットの将来を危うくする、無法者の仕業である」として、アメリカの心ある人たちは、大きなキャンペーンを張って、”無法者”の摘発を行っている。

この、”無法者”の中に、Gator と言う、ソフトウエアの会社があって、BeFree のマーチャントである。10日ほど前に、新バージョンの発表を行った。既存のバナー広告を覆い隠してポップアップ式の広告が現れるという、ソフトである。

Gator は、BeFree のイメージを損なうとして、アフィリエイトプログラム業界から一斉に非難の声が挙がった。特に、BeFree は、良質のマーチャントを取り扱うブランドとして知られてきただけに、非難の声は大きかった。

ところが、Gator は、マーチャントであると同時に、アフィリエイトとしてもBeFreeに参加しており、BeFreeにとっては、金づるの一つであるらしい。

また、契約上、法律に違反するようなことでもやらない限り、お引き取り願う訳にいかないと云うのが、BeFreeの言い分である。 BeFreeのCTO、 Sam Gerace は、「BeFreeは、アフィリエイトのネットワークを 提供しているわけでなく、テクノロジーを提供しているだけである」と云って、この問題への関与を避けようとしている。

広告について監視する政府内の部局、The Interactive Advertising Bureau (IAB) は、Gator が、アメリカのコピーライト、トレードマークに関する法律に違反するとして訴えたが、Gator は、何も違反していないとして、問題は法廷に持ち出されることになった。

しかし、法廷で決着がつけば良いという問題だろうか? あなたのホームページが勝手に改ざんされ、あなたの費用によってまかなわれているホームページから、あなたの許可無くして、ある企業が利益を挙げているとしたならば・・・


次に、アメリカの代表的な scumware をあげておく。

eZula- http://www.ezula.com/
Surf+ - http://www.filemix.net/
Gator - http://www.gator.com
Melting Point- http://meltingpoint.com/pressmirazolaunch.html


scumware に対して、反対キャンペーンを張っている主なサイトは、次の通り。

Jim Wilson's のサイト。
http://scumware.com/
Steve Shubitz's のサイト
http://www.stopscum.com/
Take Back のサイト
http://www.takebacktheweb.com/
”犯罪者”へのリンクとその情報と対策のサイト
http://www.freegraphics.com/zz-scumware/06_Known_Offenders/

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/95


このページの先頭へ戻る