RSS
ホーム > アフィリエイト事情(海外) >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

【海外】オンライン広告・アフィリエイトマーケティングに関する業界予想の要約

投稿者 石川洋一 2001年10月22日 22:54

今年は、2001年という21世紀の初めの年に当たる。その為か、アメリカの調査機関、著名評論家などからさまざまのオンライン広告、アフィリエイトマーケティングに関する予想記事が発表されている。

チャンスメーカーネットでも、その多くを紹介してきたが、これらの予測記事のポイントのみを列記し、参考に供しようと思う(この記事はアメリカのASP、コミッションジャンクションに負うところが多い)


●オンライン広告について:

◆オンライン広告はクリックスルーによる測定基準のみによってそのキャンペーンの成果を測定することを止めるべきである。 
(ガートナー 2001年7月)

◆(アメリカの)オンライン広告の総収入は2000年の50億ドルから2005年までに165億ドルへと3倍以上になることが期待されている。
(ジュピターコミュニケーション)

◆2003年までにオンライン広告の83%が純粋な成果報酬型か、あるいはCPMと成果報酬の混成になるであろう。 
(フォレスターリサーチ 2001年1月)

◆ジュピターコミュニケーションは、オンライン広告の約30%が成果報酬型を基礎とした価格ずけで売られることにより、アド広告費はより柔軟な価格構成で販売されることになろう、と予測している。 
(ジュピターコミュニケーション)

◆より広告結果を説明出来、測定できるような広告の将来性は、2003年までにオンラインマーケティングにおいて倍増するであろう。  
(フォレスターリサーチ 2001年1月)

◆世界のオンライン広告は2005年までに420億ドルに上るだろう。 
(フォレスターリサーチ 2001年1月)

◆ヨーロッパのオンライン広告は毎年平均52%の成長を続け、2005年までに57億ドルに達するであろう。
(フォレスターリサーチ 2001年1月)


●アフィリエイトマーケティングについて:

◆小売商にとって、アフィリエイトネットワークを構築することは、顧客を獲得するのに非常に費用効果的な方法である。それは、リスクが低いからである。なぜならば、誰かが買う買わないに関係なく、収入に対してのみ、支払えばよいからである。
(マリサグリック、 ジュピターコミュニケーション)

◆アフィリエイトマーケティングは、今日、オンライン小売り販売の約13%を生み出しており、2003年までにオンラインセールスの20%以上へと、ドライブがかかって行くであろう。
(フォレスターリサーチ)

◆2002年までに、車の販売を除くインターネット小売り販売予想額375億ドルの25%が、アフィリエイトサイトから生み出されたものになるであろう。
(ジュピターコミュニケーション)

◆2001年2月において、一般のバナー広告のクリックスルー比率は0.3%であった。これに対し、ASPのコミッションジャンクション・ネットワークのクリックスルー比率は2.9%であり、アフィリエイトサイトからの比率が一般のそれに比べて9倍以上も効果的であった。
(ニールセン/ネットレーティング)


以上、アメリカの調査結果を中心にした数字だが、日本の今後のマーケティングに大いに参考になる数字である。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/121


このページの先頭へ戻る