RSS
ホーム > アフィリエイト事情(海外) >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

【海外】米著作者協会、アマゾンのアフィリエイトプログラムをボイコット

投稿者 石川洋一 2002年04月22日 20:42

先週(4月8日の週)、米著作者協会は8,200人のメンバーのうち、約5000人にemailを送り、アマゾンドットコムのアフィリエイトプログラム・リンクから引き上げるよう要請した。

アマゾンドットコムの競争相手、 Barnes and Noble’s や BookSense.comへ、リンクを移し替えようと言うこの呼びかけの背景には、アマゾンドットコムにおける、中古本の販売の問題がある。中古本の販売により、作者や出版社は著作権料の減少を危惧したのである。アマゾンドットコムでは、以前、同サイトで本を購入した顧客の本、或いは新本で在庫切れの本について、中古本を販売している。2001年におけるアマゾンドットコムの中古本の販売は15%だと報じられている。

著作者協会のこれらの動きに対し、アマゾンドットコムのCEOジェフベゾスは、サイトで中古本を売っていた顧客にemailを送り、協会に対しアマゾンの立場を擁護し、この動きを止めるように、協会にメールを送ることを依頼した。この結果、本日まで、協会は約4000の、アフィリエイト・リンク引き上げ中止を要請するメールを受け取った。

なお、アマゾンドットコムにおいては、中古本には、アフィリエイトプログラムはリンクしておらず、アフィリエイトはコミッションを受け取ることが出来ない。

この問題、どのように落ち着くのか。進展があったらまたお伝えする。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/211


このページの先頭へ戻る