RSS
ホーム > アフィリエイト事情(海外) >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

アフィリエイトT-シャツのすすめ--「あなた理解できますか、その名をアフィリエイトという」

投稿者 石川洋一 2005年05月15日 17:42
アフィリエイトプログラムに関係しているほとんどの人たちが、家族や友人達に、一度は、何をやって小遣いを稼ぎ、或いは食っているのか説明しようとしたことがあるに違いありません。そして、聞いた相手の、ぽかんとした顔に出会いませんでしたか。この宇宙において、独自性のあるものは、それだけの世界を作り出し、他の人には、我々が何を話しているのかさっぱり見当がつかないのです

4?5年前の話ではない。2005年5月11日のアメリカのあるIT関連のブログに載った記事である。日本の数年先を行き、ホームページを持つ多くの人たちがアフィリエイトプログラムを少しは知っているのではないかと、感じていたが、実際は、日本とあまり変わらない状態らしいのである。我々が日本で日夜出会っている光景とよく似ていませんか。

最近、我々の周りでは、アフィリエイト関連の本がよく売れたり、ASPの数が増えたり、あちこちで催し物があったりするようだが、大局から見れば、未だに井の中の蛙の域を出ず、ほとんどの人は知らないし、関心も示していない。日本で説明するには、おそらく、「楽天や、ライブドアもやっている、インターネット上で小遣いが稼げる仕組みです」とでもいった方が、納得顔をされるのではないだろうか。

新聞や週刊誌にたまにではあるが、出るようになったので、かなりの人から「どこかで聞いたような気がする」程度の返答がもらえるだけでも、数段の進歩である。4?5年前には、企業や広告関連の人たちからさえ、うさんくさそうな顔をされたものである。

最初に引用した内容は、アメリカの著名なアフィリエイト評論家、Shawn Collins氏のホームページ及びブログに載ったものだが、彼は、近く、Tーシャツを売り出そうとしている。そこには、「あなたの理解できないもの、それはアフィリエイトってものです」と印刷してある。そして、アフィリエイト業界について200語から1000語程度の簡単なエッセイを書いて送ってくれる人に差し上げる、という。業界についてぜひ多くの人に理解してもらい、アフィリエイトについて多くの人たちとその知識を分け合いたい、という意図である。

アフィリエイトマーケティング協会あたりで、「あなた理解出来ますか、その名をアフィリエイトという」とでも印刷したT-シャツを作り、全国のアフィリエイト関連者に着てもらったらどうだろう。希望者にはもちろんお分けするし、その上、1週間着て歩けば、何ポイントと点数でもつく仕組みをどなたか考えられませんか。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/624


このページの先頭へ戻る