RSS
ホーム > アフィリエイト事情(海外) >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

風雲収まりつつある Googleの「成果報酬型アフィリエイトマーケティング」への参入問題。

投稿者 石川洋一 2007年04月03日 08:39
一時は、「アフィリエイトマーケティングを雪崩的に変えてしまうのか」といった論調も出たくらいでしたが、徐々に内容が見えてくると、安心感が漂ってきたというのがアメリカのアフィリエイト業界です。
若干の解説を交えながら、その論調をご紹介しましょう。

Googleのオフィシャルブログの一つにInside AdWords というのがあります。これについては去る3月25日のこのサイトの「Google の成果報酬型アフィリエイトマーケティング参入、その2」の冒頭に解説しています。

この Inside AdWordsに、今回の「成果報酬型アフィリエイトマーケティング--PPA(Pay-per-action)」についてのFAQが載っていまして、多くの質問の中から、Google が厳選して疑問に答えています。

この中に、非常に興味深い問題が幾つが潜んでいますので、それを拾い出してみましょう。
Q: アメリカ以外の国ではいつ頃始めるのか?
A: 将来、アメリカ以外の国の広告主に対してPPAのテスト版を行う計画を持っていますが、現在の所、何時から始めるか、その日にちは決まっていません。
ここでは、Googleは明確にアメリカ以外で始めると言っているので、あまり遠くない時期にテスト版を始めるのではないでしょうか。もっともアメリカ以外と言っても、英国など英語圏から始めるだろうとうことは明確で、日本など言語構造の違う国がこの「アメリカ以外」に含まれているかどうかは分かりません。
Q: PPAは固定価格で支払う以外に購買価格のパーセンテージで支払われる可能性はあるのか?
A: 今のところ、パーセンテージで支払う計画は持っていません。支払いは固定価格で行われます。
これは、一つの広告主は一つの固定価格しか提示できないということで、多くの製品を抱えている広告主は、その設定に苦慮することになります。アフィリエイターは固定価格が低ければ、カシミヤのコートといった高い製品を売ることに興味を示さないだろうし、広告主は靴下一足に高い価格を払いたくない、といった問題が起こってきます。
Q: PPA広告は、Google.comや、検索ネットワークに表示されるのか?
A: いえ、PPA広告は、Google.com や検索ネットワークには表示されません。Googleのコンテンツネットワークにのみ表示されます。
Googleのコンテンツネットワークとは、どのサイトを指すのか、浅学な筆者にはすぐに察しがつかないのですが(Google Blog などがこれにあたるのでしょうか)、いずれにせよメインの検索サイト関係には表示されないということのようです。

以上により、広告主はcost-per-sale(販売に対して支払う)よりは、cost-per-lead(情報などの提供に対して一定額を支払う)に重点を置いたアドを出してくるのではないかという観測が行われているようです。

そのうち、実際の広告が出てくるでしょうから、その時にはこのプログラムの将来がはっきりと見えてくるでしょう。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/873


このページの先頭へ戻る