RSS
ホーム > ASP事情(海外) >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

CJのアフィリエイション数12月に500万を突破

投稿者 石川洋一 2001年01月24日 01:22

アメリカの有力ASPのひとつ、Commission Junction (CJ)のアフィリエイション数が昨年12月に500万を突破した。

アフィリエイションとは、正規に登録しているアフィリエイトからその下につながるネットワーク全体のアフィリエイトの数をいう。

12月1日のTips & Topics で、幕張のインターネットワールド2000に参加しているCJ首脳とのインタビュー記事を載せたが、その中で副社長のCrawford 氏から、次のような数字を聞いていた。11月末現在の数字である。

マーチャント数 1600
アフィリエイト数 353,737
アフィリエイション数 4,587,388

一月で50万増えたわけだが、マーチャントの数も近く2000に到達するだろう。
CJの売り物の一つに、一般の人たちにアフィリエイト・プログラムに興味を持ち、また、そのやり方を知ってもらうために、Commission Junction University(CJU) がある。筆者もアフィリエイト・プログラムを勉強し始めの頃お世話になった。そのCJUに入る入り口のデザインがこの度大きく衣替えし、6つのセクションに分かれた

・ Success Story
・ Perspectives
・ Toolbox
・ How to use CJ
・ What’s New
・ FAQ

Success Story は勿論、成功物語。今回は町のコーヒー屋さん(Spice of Life Coffee & Tea) がアフィリエイト・プログラムで25%セールスを伸ばしたという話だ。

Perspectives (全体像、見通しといった意味)では、アメリカの著名なインターネットビジネスのコンサルタントが、アフィリエイト・プログラムに関して非常に参考になる記事を載せている。今回は Declan Dunn 氏が、アフィリエイト・プログラムにおける e-mailの有用性について載せている。

Tool Box などまだ構築中のものもあるが、アフィリエイト入門者には非常に為になる。ただ、メンバー(アフィリエイト)でないと中に入ることは出来ないので念のため。

翻って日本のアフィリエイト・プログラムである。

2001年が大ブレークする年と昨年から云ってきているので、そうなってもらわないと困るのだが、アフィリエイト・プログラムという言葉自体、英語に弱い我々は何となく敬遠したくなる言葉である。かといって適切な訳語も見つからず、慣れてくるとアフィリエイト・プログラムという表現がやはり一番適切のようだ。

一般の人たちに対する啓蒙だが、ご存じとは思うが、この ChanceMaker.net はA8net を運営している、ファンコミュニケーションズが大スポンサーになって運営されている。同社は、ChanceMaker.net の内容はあくまでも第三者的にという強い要望なので、チョウチン記事はなるたけ書かないようにしているが、たまにはスポンサーのご機嫌を取り結ぶ必要もある。

出来得れば多くの人々が、このサイトを愛読して下さると、スポンサーのご機嫌もよろしくなると思うのでここに謹んでお願い申し上げます。それは日本のアフィリエイト・プログラムの繁栄にもつながりますので、よろしくお願い致します。(これ本気です)。

この ChanceMaker.net は、いわば、CJU の役割を一部果たしているわけだが、片や500万の読者がおり、片や・・・では話にならない。

CJUの紹介記事が飛んでしまったが、読者数ではかなわなくても、内容的には、なんとか匹敵するものにしていきたいとおもっている。

よろしくご愛読を。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/22


このページの先頭へ戻る