RSS
ホーム > ASP事情(海外) >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

【海外】 コミッションジャンクション、 ”Tips”に重点を置いたサイト内容の変更と社長交代

投稿者 石川洋一 2002年01月12日 21:25

アメリカでは、後発ながら、最大数のマーチャント数を誇る(1500社程度)ASP (Affilialte Service Provider)、コミッションジャンクションがトップの交代を行った。創業者兼社長のLex Sisney が、会長に退き、後任にJeffrey A. Pullen を選んだ。日常業務は Pullen氏がみて、Sisney氏は会長として会社の長期戦略に携わると報じられている。

コミッションジャンクションは、日本に一時進出しながら退場したり、大幅なリストラを行ったり、昨年後半、その戦略が見直されてきたが、トップの交代はそのあたりのことがあるのか?

海の向こうの人事など、どうでも良いと言えばそれまでだが、コミッションジャンクションの場合、アフィリエイトプログラムの世界戦略を着々と進めてきて、日本にも拠点を開設しただけに、あまり無関心でもいられない。

そのコミッションジャンクションが、2002年度からホームページの内容を変更して、全アフィリエイトに変更内容を通知してきた。変更した箇所は、CJU(Commission Junction University)の再デザインとアフィリエイトに対するニュースレターなどによる、”Tips” の強化である。

Commission Junction University は、”University”の名称が示すように、アフィリエイトに対する教育を主として行う、彼らのホームページの中では売り物のサイトである。これは、アフィリエイトに登録したものしかのぞくことは出来ないが、第三者的なアフィリエイト評論家の記事、アフィリエイトプログラムを上手に運営している代表的なマーチャントの紹介、どうしたら稼げるかなど、いわゆるアフィリエイトプログラムの「秘訣」のようなものがびっしりつまっている。

我田引水になるが、「チャンスメーカーネット」の、「アフィリエイトサイト向け」及び、「広告主向け」の記事がそれに当たる。そして今後は、Tips(秘訣。どうしたらアフィリエイトプログラムで儲かるかなど、運用の仕方を解説した記事)に更に力を入れてアフィリエイトを教育していくと言うことである。

ちなみに、2002年1月の ”Tips” は、”テキストリンクを大いに活用しよう”という表題で、概要は次のようなものである。

”テキストリンクは、バナー広告よりは、簡潔で効果的な場合がある。特にeメールに使用することが出来るし、製品をリストアップして載せる場合など多いに活用することが出来る”

既にさんざん言い古されてきていることで、何をいまさらコミッションジャンクションがそんなことを 、新年の冒頭に、”今月のTips”として取り上げるのかと思われるが、やはり基本を載せることで、アフィリエイトの関心を呼び覚まし、また、新しいアフィリエイトがどんどん入って来ているのだから、このような情報を逐次与えていることが大事なのだろう。

アフィリエイトに限らず、人間は怠惰に走る。有益な情報であっても自ら進んで掘り起こそうとはしない。したがって、随時、どんな基礎的なものであってもこちらから発信して、受け手の懐に飛び込み、頭に繰り返したたき込んであげることが大事なのである。チャンスメーカーの読者の方々が怠惰だとは言わないが、これからも基本的な ”儲かる方法”をお手元にお届けして行きます。

アフィリエイトプログラムが成熟の域に達しているアメリカの代表的なASPが、アフィリエイトの教育に最大の視点を当てている・・・。アフィリエイト後進国の日本は大いに学ぶべきだと感じた次第である。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/162


このページの先頭へ戻る