RSS
ホーム > ASP事情(海外) >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

【海外】 米ASP、BeFree の決算内容をみる。

投稿者 石川洋一 2002年02月28日 21:06

アメリカの Affiliate Service Provider(ASP) の一つ、BeFreeがこのたび、決算内容を発表した。アメリカの大手のASP で、株式を上場しているのはBeFreeだけである。まず、数値を見てみよう。

2001年四半期の収入は6.5 million dollars(130円換算:約8億4500万円)、前年の同期は6.4 md(約8億3200万円)。2001年三半期は6.0 md(約7億8000万円)。

2001年の売り上げは、$23.4 md(30億4200万円)、前年は$19.7 md(25億6100万円)。以上の結果、2001年四半期のネットロスは3.7 md(4億8100万円)、前年の同期は18.2 md(23億6000万円)であった。


会長のGordon Hoffsteinは、これらの決算結果について次のように言っている。

”2001年は、突然訪れた業界の高成長から不況のまっただ中に落ち込んだ状況に対処するためにいろいろな処置を取らなければならなかった。これらマーケットの状況を考えると、強含みの四半期で一年を終わることが出来た”

”2001年の第一期に比べて、2001年12月期には5.5 md(7億1500万円)までコスト削減を行った。更に数ヶ月以内に一期あたり1md(1億3000万円)のコスト削減を行うだろう”

四半期の顧客ひとりあたりの平均収入は$25,972(約340万円)で、昨年同期の$17,894(約233万円)、そして第三期の$22,897(約298万円)より増えている。

BeFree は、2001年四半期終わりに、$133 md(約173億円)相当の現金と、市場性のある証券を保持している。


●顧客獲得

四半期に26 の新規顧客を獲得。その中には、Sony Electronics、Timberland、 The Hartford、 Fleurop-Interflora そして Giftcertificates.com. など、業界のリーダーが含まれている。

BeFree の全収入の60%は、オンラインビジネスに参入した、ブリック&モルタル企業(通常の店舗を構えている企業)からのもので、2000年の第四期の39%、2001年の第三期の56%と比較していずれも増えている。

これに対し、2001年四半期に失った顧客数は39社で、三半期の54社と比較して減少している。

これに対し、Hoffstein氏は次のように言っている。
「過去、三期に渡って顧客の数が減り続けたが、この流れも止まった。2001年四半期の終わりに於ける顧客数は249社で、前年2000年の四半期終わりに於いては358社、2001年の三半期に於いては262社だった。しかしながら、前年と比べて100社以上顧客が減ったにもかかわらず、今年の収入は前年と同程度だったのである」

このレポートの全文は以下で見ることが出来る。
http://biz.yahoo.com/prnews/020213/new010_1.html


(筆者注)顧客の減少は、ご承知のごとく、2000年から2001年に吹き荒れた、多くのIT企業の行き詰まり、倒産にあった。BeFree だけではなく、LinkShare や、Commission Junction の顧客も減っている。筆者は仕事上これらすべてのASPのアフィリエイトになっているが、特に2001年は連日のように、これらASPから、アフィリエイトメンバーに対し、参加企業の倒産を知らせるメールが届いた。

BeFree は、フォーチュン500の企業を多く取り込み、良質の顧客を持っていることで知られている。Commission Junctionなどが、1500社を越えるマーチャントを抱える中で、僅か250社程度で売り上げを伸ばして行る。良質の選ばれたマーチャントとアフィリエイトの組み合わせがひとつの選択技であることを示している。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/188


このページの先頭へ戻る