RSS
ホーム > ASP事情(海外) >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

【海外】ValueClick、 アフィリエイト業界の御三家のひとつ、Be Free を買収

投稿者 石川洋一 2002年03月14日 21:01

ValueClick は11日、 Be Free を、1億2800万ドル相当(約166億円)の株式交換の形で買収すると発表した。ValueClick はご承知の通り、 CPC (cost-per-click 広告のクリック数に応じて料金を決める)及びCPA (cost-per-action 消費者行動に応じて広告料金を決める) の広告ネットワーク配信に於けるトップ企業。片や、BeFree は、アメリカのアフィリエイトプログラムのトップ企業の一つ。去る2月28日に、本サイトの「業界動向ニュース」で、その決算内容をお伝えしたばかりだ。

BeFree は、老舗とは言え、傘下のマーチャント数も一昨年あたりから比べると激減しているが(上記業界ニュース参照のこと)、マーチャントの質の高さは業界一といわれている。

この買収は、ValueClick にとって最近2年間で5社目となるもので、買収手続きは、規制当局と株主の承認を経て、今年第2四半期末までに完了する見込み。

ValueClick が Be Free を買収する狙いは、市場で優位を占める CPC 型および CPA 型の広告ネットワークと広告配信技術を、Be Free の成果報酬型提携マーケティング製品やサービスと統合することにある。オンライン提携マーケティングは通常、CPC 型や CPA 型が基本であるため、この買収は理にかなっていると見える。

Be Free 買収は、中核の CPC 型オンラインメディア販売から着実な事業拡大を進めている ValueClick の戦略の一環だ。同社は、2000年にログファイル分析会社の StraightUP!、提携型広告会社の onResponse.com、さらに同業の成果報酬型広告ネットワークの Click Agents.com を買収。昨年には、広告配信技術 (自社の広告配信サーバー『Dynamo』と競合していた) とエージェンシーソフトウェアを持つ MediaPlex も買収している。

Be Free の買収が完了すれば、ValueClick は次のような有力企業を顧客リストに加えることになる。barnesandnoble.com 、Travelocity.com 、Sony Corp. of America 、IBM 、CitiGroup 傘下の CitiFinancial、gap.com など 。

アフィリエイトプログラム業界の反応はまだ出ていないが、そのうち出てくると思う。また、続報をお伝えしよう。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/192


このページの先頭へ戻る