RSS
ホーム > ASP事情(海外) >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

【海外】あなたのサイトでアマゾンが運営できる、アマゾンドットコム・ウエッブ・サービスを開始

投稿者 石川洋一 2002年07月25日 19:35

◆あなたのサイトでアマゾンが運営できる

アマゾンドットコムは、このたび、”アマゾンドットコムウエッブサービス”、即ち、開発者やウエッブサイトオーナーに対して革新的なウエッブソリューションを創り上げるためのプラットフォームの最初のバージョンを送り出した。
http://biz.yahoo.com/bw/020716/160329_1.html

アマゾンウエッブサービスを使用すると、デベロッパー又はサイトオーナーは、アマゾンが持っている多くのユニークな機能やその主要な内容を自分のサイトに作り上げることが出来る。
http://associates.amazon.com/exec/panama/associates/ntg/browse/-/1067662/104-2115018-2692749

アマゾンの創始者、ジェフペゾスはウエッブサービスの発表にあたり次のようにいっている。「サイトオーナーやデベロッパーの人たちを、我々は赤い絨毯をひいてお迎えしようとしています。これは、アマゾンにとって、将来に向けての重要な一里塚であり、我々の新しい方向を指ししめすものなのです。デベロッパーの人たちは、彼らのウエッブサイトにアマゾンドットコムのコンテンツと機能を一体化することができるのです」

多くの機能の中には、アマゾンウエッブサービスを使用すると、第三者のサイトがアマゾンのサイトを検索したり、アマゾンの製品をディスプレイすることが出来るようになる。そして、ビジターがそのサイトのアマゾンのショッピングカートに品物を加えることも出来る。

アマゾンウエッブサービスは、アマゾンドットコムがそのサイトで既に持っている、大量の一連の製品情報をウエッブオーナーのサイトで活用出来るようにするものであり、ユーザーやデベロッパーに対して、アマゾンの持っているすべての製品・情報群をリソースとするするものである。これは次世代のインターネットへの大きな飛躍である、という人々もいる。

アマゾンウエッブサービスのキットは無料で提供される。また、このウエッブサービスは、アマゾンのアソシエイトプログラムと一体化しており、ウエッブオーナーのサイトのリンクを経由してアマゾンで為された購買に対しては紹介料としてコミッションが支払われる。アマゾンウエッブサービスとアマゾンのアソシエイトプログラムの強力なコンビネーションはウエッブオーナーやデベロッパーをして彼らのサイトにより多くのアマゾンの主要製品を載せて一体化させることになるに違いない。数多くの製品を載せれば載せるほど、結果として、トラフィックが増え、紹介料も増えるからである。

デベロッパーやウエッブオーナーは、二つの基準言語XMLおよびSOAP(Simple Object Access Protocol)でアマゾンウエッブサービスにアクセスすることが出来る。


◆アマゾンウエッブサービスで何を創出することができるのか?

アマゾンの答えは、あなたがイメージ出来ることは何でも・・・である。

ウエッブサービスプラットフォームで、ウエッブオーナーはアマゾンの最良の主要商品の幾つかに完全にアクセスできるーーこの意味は、アマゾンの持つ莫大な製品群から見て、創造の可能性はほとんど無限大であることを意味する。

幾つかのアイディアをあげると、

・あなた自身のウエッブサイトに、あなたが欲する製品を、このように表現したいと考えたら、その考え通りに表現し、その製品の詳細ページを構築し、アマゾンのデータを再フォーマットすることが出来る。

・ダイナミックHTMLを使って、製品の仕掛けを創る。

・アマゾンのアソシエイトや他のサイトオーナーのために、ストアの構築を可能にする。


この新しいツールはサーチ結果を、アフィリエイトサイドに出力し、その製品にリンクをつける。また、カスタマーが実際の製品購入まで、常にアフィリエイトサイトに留まることを可能にし、アフィリエイトと本当の再販業者との間のラインをぼかしていまう。


未来を先取りするという、良いことずくめのアマゾンウエッブサービスだが、ところが、これと 同じような機能を持ったアプリケーションが既に出ており、アマゾンの領域に影響を与えつつあったという。故にアマゾン自身がこれに取り組まざるを得ないのは時間の問題だったと言われている。更に一例を挙げる。 http://associatesshop.filzhut.net/download/amazon_functions/example2_index.php

これらは、数多くある同種のツールのひとつで、デベロッパーの間では、既に論議されている問題であり、このための ディスカッションボードまであるという。興味のある人は日本での適用に備えて今のうちにプログラミングの勉強をしておいたら如何。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/261


このページの先頭へ戻る