RSS
ホーム > ASP事情(海外) >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

【海外】近年アメリカで最も成功しているASP、ShareASale.com 成功の秘密は?

投稿者 石川洋一 2006年11月13日 08:49

ストラップヤドットコムをご存じでしょうか。 ケイタイのストラップ専門サイトで、月商1億円を売るという評判のサイトです。このサイトの海外版が、ストラップヤワールドドットコム

海外進出に二の足を踏む日本のeコマースが多い中で、いち早く海外向けサイトを立ち上げ、月商も500万円という、まさにeコマース同業他社が見習わなければならないような積極的な展開を見せています。

このストラップヤワールドドットコムが、海外で(アメリカ、カナダ、英国、オーストラリア)アフィリエイトプログラムを展開していますが、提携しているのが、ShareAsale.com というASP (Affilite Service Provider)。ストラップヤワールドドットコムのアフィリエイト申し込みページをここでご覧になってください。

◆紹介の労をとったものの・・・・
実は、ストラップヤワールドドットコムが海外でアフィリエイトプログラムを行うに当たって、どのようなASPが良いだろうかと相談を受け、アメリカの友人を通して得た情報がShareASale.com だったのです。もちろん、リンクシェアUSAなど、一級のASPがありますが、小規模のサイトにはコスト面で敷居が高すぎるのです。

結果として紹介の労をとったのが小生ということになりましたが、実は、このShareASaleについてあまりよく知らず、内心ちょっと心配していました。うまくいっているという話はストラップヤワールドドットコムの運営者から聞いてはいたのですが・・・。

ところが、11月10日のRevenewsのアフィリエイトマーケティングの項に、なぜShareASaleは、このように成功したのか」という記事が載りました。このASP、やはりアメリカでも目につく存在だったのです。

◆その成功の秘密とは・・・
その記事によると、11月4日?5日にかけて、"ShareASale Think Tank" というイベントが開かれましたが、マーチャントとアフィリエイトの出会いの労をとったこのミニカンフェレンスはかなりの評判だったようです。

リンクシェアは "Linkashare Symposium", コミッションジャンクションは"CJ University" と、毎年、業界の耳目を集めて大きなイベントを行いますが、他のASPも規模では及ばないものの、同種のイベントで関係者の関心を引こうとしています。日本では、近くはリンクシェア大見本市が開かれ大成功を収めたばかりです。

ShareASaleのミニカンフェレンスでは、マーチャントとアフィリエイトの間でいろいろなアイディアの出し合いがあり、それについてディスカッションをするといったように非常に建設的な討議の場が設けられました。たとえば、ShareASaleは、テレホンオーダーのトラッキングについてのリーダー格だそうですが、もっと多くのマーチャントがこのテクノロジーを積極的に利用したらよい、といったようなことが提案されました。

ShareASaleの代表であるBrian Littleton 氏の「聞く耳を持つ」という姿勢が今日の成功をもたらしたとの意見がもっぱらですが、人の話に耳を傾け、よくノートをとる、その態度は以前から評判だったようです。今回のミニカンフェレンスではインターフェースやレポーティングシステムなど、ShareASaleのあらゆる面が討議の対象になりました。Brian はいつものように、ディスカッションの間中、マーチャント、アフィリエイトの言い分を熱心にノートし、技術的にそれをどのように実行に移していくかということを一生懸命考えていたと言います。

アフィリエイト関係者によると、ShareASaleは、近年のアメリカのアフィリエイトマーケティングの展望を変えつつあり、それはマーチャントとアフィリエイトのShareASaleに対する非常に強固なローヤリティから来ていると言います。

ShareASaleは、ビジネス自体は2000年に始めており、それほど新しいというわけではないですが、伸び始めたのはここ2?3年のようです。マーチャント数は2000を越え、内容的にも、いまや、リンクシェアやコミッションジャンクションに迫る勢いです。サイトにインターナショナルの項目がありますが、ここを開いてご覧ください。アフィリエイトは全世界に広がっていることが示されています。こんなところにも新しい息吹が感じられます。

リンクシェアは東部のニューヨークが基盤、コミッションジャンクションはカリフォルニアのサンタバーバラ。これに対して、ShareASaleは、中部のシカゴを中心に勢いを増しているようです。しかも、その目標はグローバルにあるようです。

アメリカのアフィリエイトマーケティングの地図も、少しづつ、新しい勢力が力をつけているといった様子がうかがえます。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/826


このページの先頭へ戻る