RSS
ホーム > ASP事情(国内) >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

【国内】 バリューコマースと日本オートウェブサービスが戦略的提携を発表。GM、スズキ、富士重、いすず4社、共同でe-ビジネスに本格参入。

投稿者 石川洋一 2001年09月29日 23:05

バリューコマース(株)と日本オートウェブサービス(株)は9月27日、両社が バイパワージャパンのマーケティングにおいて戦略的提携を締結したと発表した。

日本オートウェブサービス(株)は、日本で第2位、約17%のマーケットシェアを誇るGMグループが設立した合弁会社で、e-ビジネスとインターネットベースのテクノロジーとの相乗効果の開拓を目的としている。GMグループは、ゼネラルモーターズ(GM)、スズキ、富士重工業及びいすず自動車で構成されており、新会社は、GM、スズキ、富士重工業からの出資になる。

同社は、「バイパワージャパン」の名称のサイトを10月1日から本格的に稼動すると発表。同サイトでは、GM、スズキ、富士重及びいすず株式会社(いすず)の新車の見積もりをオンラインで気軽に入手でき、見積もり依頼に要するコストと時間を大幅に削減するとしている。また、車に関する様々な情報も提供され、サイトへの滞在時間・訪問頻度の向上も目指している。

この提携に基づき、バリューコマースは日本オートウェブサービス(株)が展開するオンライン・オフラインの広告およびプロモーションの効果検証を行い、バイパワージャパンのマーケティング活動を全面的にサポートすることになった。

バリューコマースは日本で有力なASP(アフィリエイトプログラムソリューションプロバイダー)の一つ。その実績を元に、バイパワージャパンサイトへのアクセス数向上に関しても貢献していくとしている。効果検証はバリューコマースの開発したトラッキングのテクノロジー「iTrack」により実現し、同テクノロジーを採用することで日本オートウェブサービス(株)は、自動車業界に先駆けて、各媒体ごとのキャンペーン効果や費用対効果を検証し、戦略的マーケティング活動を展開できるだろう、と同社ではいっている。

また、バリューコマースは、アフィリエイトプログラムのプラットフォーム「バリューコマースプログラム」を日本オートウェブサービス(株)に提供する。このプラットフォームは、日本オートウェブサービス(株)がバリューコマースプログラムに参加する広告掲載サイトと提携し、見込み客をバイパワージャパンへ誘導する。同社によると、パートナーサイトは現在、約50,000サイトにのぼるという。日本オートウェブサービス(株)は、その中からバイパワージャパンが扱うそれぞれの車種の対象顧客に適したサイトを選択することが出来る。また、費用の発生はユーザーが実際に見積もり請求等をした実績に応じて発生する。いわゆる成果報酬型のマーケティングである。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/107


このページの先頭へ戻る