RSS
ホーム > ASP事情(国内) >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

【国内】アフィリエイト・プログラム運用代行サービス「A8.net」の利用企業数が300 、パートナーサイトが2万を突破。

投稿者 石川洋一 2002年03月15日 21:00

3月15日、アフィリエイトサービスプロバイダー、A8ネットを運営するファンコミュニケーションズは、利用企業数が300を突破し、アフィリエイトとなるパートナー数が20000を越えたことを発表した。

ニュースリリースの内容は次の通り。

「インターネットを中核とするマーケティング技術開発会社の株式会社ファンコミュニケーションズ(東京都渋谷区、代表取締役:柳沢安慶)は、独自に開発・運営するアフィリエイト・プログラム運用代行サービス「A8.net(エーハチネット)」のクライアント数が300社、提携パートナーサイト数が2万を超えたことをご報告いたします。

A8.netは本格的なサービス運用から2年目を迎え、現在、月間約350万人(弊社推定)のエンドユーザーをクライアントサイトに送客し、月間約10万件にのぼる成約を実現するアフィリエイト・ネットワークに成長させていただいております。

代表取締役の柳沢安慶は『米国ではアフィリエイト・マーケティングが電子小売と共に成長してきたが、このトレンドに乗り切れなかった日本は、アフィリエイト・マーケティングがネットもリアルも越えた販売マーケティング手法として育ちつつある。このタイミングで300社の顧客と共に新しいマーケティング手法を学び成長できることに大変感謝している』と述べております。

またA8.netでは、今後ともクライアント、パートナーサイトのニーズを把握しながら、より使いやすく、高品質なサービス提供を目指すと共に、年内には500社前後の利用を見込んでおります。」


A8ネットの発足から今までの推移を第三者として間近に見てきた筆者にとってはこの発展は、感無量である。初めて、筆者がA8ネットの人たちと言葉を交わし、情報を頂いたとき、マーチャントの数は二社か三社だった。それも、身内の企業を数えての話しである。資本金も当時は8000万円程度だった。オフィスも恵比寿にあった。

アフィリエイトプログラムは、間違いなく、インターネットの中核的マーケティング手法として、大きな発展が期待されている。不況に強い企業と言うことが言われるが、不況にも好況にも打たれ強いのがアフィリエイトマーケティングである。

ファンコミュニケーションズには、「ファイブ & ファイブ・プロジェクト」とでも銘打って、2002年末には、マーチャント数500、アフィリエイト数50000を目標とし、是非達成して頂きたい。

やはり、並のやり方ではなかなか難しい面もあるだろう。特にアフィリエイトの獲得である。関係者の知恵のだしどころであろう。業界のためにも、是非、達成して頂きたい。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/194


このページの先頭へ戻る