RSS
ホーム > ASP事情(国内) >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

【国内】「電脳卸」が日本初のツーティアプログラムを開始。アフィリエイトが収入を得る手段が二重に・・・

投稿者 石川洋一 2002年07月03日 19:47

関西で、中小ECショップ向けアフィリエイトプログラムサービス“電脳卸” を運営する(株)ウェブシャークが、そのプログラムにツーティア(TWO-TIERー2階層)のシステムを導入し、7月1日より、加入の全マーチャントが利用出来ることになった。日本のASP(Affiliate Service Provider)としては、始めてのことである。

通常、電脳卸では商品画像を自分のサイトに掲載し、その画像リンクを経由して購買が発生した場合成果報酬を得る方法が基本であった。

今回ツーティアープログラムを加える事によりユーザーが成果報酬を得る手段が新たに追加される事となったのである。

◆電脳卸では、自社のツーティアプログラムの要点を、次のように説明している。

1.【Aサイト】のオーナーは販売店会員募集バナーを自分のサイトに設置します(よくある会員獲得したら幾ら支払うというものです)

2.そのバナーを閲覧し興味を持った【Bサイト】のオーナーが販売店会員として参加します。

3.この段階で【Bサイト】は【Aサイト】のトゥーティアー(2階層目)となります。

4.【Bサイト】が電脳卸から手に入れた商品画像を自分のサイトに掲載し、購買が発生した場合【Bサイト】には通常どおり成果報酬が支払われるが、同時に【Aサイト】にも【Bサイト】が販売した商品上代の“2%”が電脳卸からのボーナスとして支払われる事になります。

5.要するに【Aサイト】がツーティアーを100サイト獲得したとして、それら100サイトが毎月10万円売上げたとすると
 ¥100,000×2%=¥2000×100サイト=¥200,000/月
   
 毎月20万円が【Aサイト】に支払われるという計算となります。
http://www.d-064.com/lets_get_hanbaiten.php3

●(注)ツーティアプログラムの詳細については、チャンスメーカーネット6月14日の「ライフタイムコミッションとツーティアプログラム」をご覧頂きたい。チャンスメーカーネットのさまざまの記事が、電脳卸がツーティアプログラムを採用するきっかけになった模様である。


◆電脳卸では、簡単にこのシステムを導入出来た理由を、自社のシステムの為だとしている。即ち、

「一般のアフィリエイト・サービス・プロバイダー(ASP)の場合、導入企業のサーバーに専用ソフトをインストールし、導入企業の意向に沿ったアフィリエイトプログラムを作成します。それによりたとえそのASPがツーティアープログラムのシステムを完成させたとしても各導入企業ごとに設定の変更を余儀なくされ、参加企業に対して一斉に
ツーティアープログラムを導入する事は難しいでしょう。

しかし電脳卸は導入企業のサーバーを利用する事なく、電脳卸サーバーにアフィリエイト対象商品をアップロードする事により導入できるサービスです。電脳卸自身のシステム変更さえ行えば、導入企業全てに一斉に新システムの導入が実現するのです。この度のツーティアープログラムもスムーズに導入する事ができました」

この度のツーティアープログラム採用によって、電脳卸は今年度中に4000サイトの販売店会員(アフィリエイト)を獲得する計画だとしている。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/252


このページの先頭へ戻る