RSS
ホーム > ASP事情(国内) >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

【国内】オン・ザ・エッジ、AD4Commerce(アドフォーコマース)を手放す。セプティーニが3000万円で買収。

投稿者 石川洋一 2002年10月24日 18:57

10月22日の日経は、セプティーニ(新宿区、払込資本:41,250万円 創立1990年10月 昨年売上56億円 グループ64億円)が AD4Commerce(アドフォーコマース)を、オン・ザ・エッジから買収したことを報じている。買収金額は3000万円。

買収後の運営は、子会社のピュアクリックが行うという。 ピュアクリックは会社概要によると、「1,000誌以上の大手メールマガジンをネットワーク化し2,950万人以上の読者に対して、月間34,700万部以上の広告を配信する大規模な電子メール広告ネットワーク」であり、「広告のレスポンス(クリック)に対してのみ課金する『クリック保証型』のサービスを中心に据えているため、インターネット上のメディアにおいての競争優位性が高いことが特徴」とある。

日経の記事は、3000万円程度の買収にしてはかなり大きめに扱っている。三段抜きの表題には「成果報酬型広告事業・セプティーニが買収・オン・ザ・エッジから」とある。「成果報酬型」事業とはどういうものかということを記事の前半で説明している。

そして、次のように締めくくって記事を終わっている。
「セプティーニは毎月のシステム利用料と電子商取引総額の30%を手数料として企業から受け取る。複雑なシステムと多数の提携サイトが必要で、事業買収で自社開発に比べコストと時間を節約出来ると判断した。年間3000万円から4000万円の売上高を見込む」

「成果報酬型広告事業」という、表題にひかれて記事を読んだが、この記事の中に「アフィリエイト」或いは「アフィリエイトプログラム」という言葉は一言も出てこない。一般の読者には記事の内容が伝われば良いわけだから、関係ないかも知れないが、アフィリエイトプログラムに関係している者からみると何とも寂しい感じがする。

こういうところで、一言でも、「成果報酬型広告事業」イコール「アフィリエイトプログラム」という説明がついていると、人々を啓蒙するのに役立つ。アフィリエイトプログラムは、まだまだ、多くの人々に認知されていないことが何となく分かる。

ところで、AD4Commerce(アドフォーコマース)は、新しい運営者の元で息を吹き返してくれるだろうか。バリューコマース、A8ネット、リンクシェア、トラフィックゲートなどに比べてかなり出遅れの感があったが、新しい血が吹き込まれたことによって、是非とも、アフィリエイトプログラムの発展に一役買って貰いたいものである。

何時の日か、新聞記事に、「成果報酬型広告事業」などと書かれずに、「アフィリエイトプログラム」と表記されて読者の理解を得ることが出来る日を望むものである。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/291


このページの先頭へ戻る