RSS
ホーム > ドロップシッピング事情 >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

ドロップシッピングと高額被害

投稿者 石川洋一 2009年03月09日 15:13

最近、日本ドロップシッピング協会への問い合わせで見受けられるのが、ドロップシッピングに疑義を抱いて、その信用度を問い合わせてくるものである。

その問い合わせの根拠となっているものに、一部のマスコミ報道がある。ここひと月ばかりの間に、全国規模のメディアに報じられたものに、自分自身目にしたものだけで2件ある。

◆テレビ朝日
一つは2月12日のテレビ朝日の 「東京サイト」(毎週月?金、午後1時55分から)という番組で、 ”うまい話は要注意”の悪質商法の一例として ドロップシッピング」が取り上げられた。
内容は、「このビジネス自体は”違法ではないが”、簡単に無在庫販売が出来るとして 多額の契約金を取る例があり(80万円とか)、消費者センターに相談が増えている」と いうものである。

◆朝日新聞
もう一つは、2月25日の朝日新聞夕刊社会面(東京・多摩地区版)にかなり大きく載った「ネット店主高額被害」という主題の記事である。以下、冒頭の部分を原文のまま引用する。

「ネット上に商店を開くドロップシッピング(DS)をめぐるトラブルが増えている。ホームページの作り方などノウハウを提供する業者に多額の契約金を払ったのに、宣伝通りの利益が出ないというケースだ。不景気の中、副業でDSを始める人もおり、東京都は注意を呼びかけている」

記事の中頃には、「DSのサービスを提供しているある業者では、一般的な店主の出費は月々数百円のみ、すべて無料で運営している業者もあるという」との文もあるが、全体的には高額の被害(100万円を超える)にあった例の方に比重がかかっている。

これらの件に関し、既に東京都に説明に出向くなど、協会員の業者の方々は手を打っているが、まだ、メールでの問い合わせがあるところをみると、ドロップシッピングに疑問を持っている方々がいるのは事実である。

アフィリエイトポータルネットでこの記事を読む方々は、このような問題がどうして起こるのかと疑問を持つ方の方が多いのではないだろうか。それなりの知識を持ち、アフィリエイトで多くの経験をされ、基本的にはドロップシッピングは契約金などの必要がないことを体で知っているからである。

もしもが20万人の会員を持つといい、リアルコミュニケーションズが16万を超える会員を持っているという。どうしてこのような会社にコンタクトしないのかと不思議に思うところである。

ところが、「サイドビジネス」、「副収入」でネット検索をすると、多額の契約金をとってドロップシッピングまがいのビジネスをする業者が非常に多いのである。被害に遭う人たちは、このような経路をたどって業者に行き着き、数週間、数ヶ月で何十万の利益、というような話にのってしまうらしい。

◆アフィリエイトもマルチ商法の疑義をうけた時代があった
ドロップシッピングが一部の悪徳業者の横行から誤解を受けているのは残念だが、上場企業を輩出しているアフィリエイトプログラムもそのような時期があった。

古い話になるが、今をときめく、小林智子さんこと藍玉さんが世に出るきっかけになった2003年9月12日号の朝日新聞の週刊誌アエラの記事の取材の時もそうだった。

アフィリエイトプログラムという何となく良く分からないネットビジネスがあるということでアエラの記者の内山洋紀氏から、設立したばかりのアフィリエイトマーケティング協会が取材の依頼を受けたとき、いったいどのような意図なのか、計りかねて正直不安だった。

アフィリエイトプログラムなど殆どの人たちが知らない時代のこと、仲間の和田亜希子さんに、朝日の取材のことを伝えると彼女がまっさきに言ったのが、「石川さん、注意した方がいいわよ、マルチ商法の方に持って行かれるかも知れないから・・・」ということだった。

多くの関係者が、アフィリエイトプログラムがマルチ商法に取られないかと、内心若干の不安を持ち、細心の注意を払ってPRに努めていた頃の話である。

朝日の取材の途中で、どうも「まじめな取材」で、マルチに引っかけることはなさそうだと分かったとき、席を外して、和田亜希子さんに、「マルチの心配はないようです」と言ったのを、つい、この間のように覚えている。

このアエラの取材は、朝日が記事にしたと言うことで、アフィリエイトプログラムを世に大きく知らしめ、一例として取り上げられた小林智子さんが世に出るきっかけになった画期的な取材であった。

◆その朝日が、ドロップシッピングを取り上げている。
回り合わせというのはおかしなものだが、その朝日新聞がドロップシッピングを取り上げて、あまり良い記事を書いていない。私が取材を受けたわけではないが、いずれ、アフィリエイトプログラムのように、万人に認められるようになってくれることを望むところである。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/1002


このページの先頭へ戻る