RSS
ホーム > ドロップシッピング事情 >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

日経、ドロップシッピングのトラブル報道 その2

投稿者 石川洋一 2009年10月14日 10:22

前の同主題の記事で、だまされる方もそれなりの理由がある、と書いた。ネットに対する知識の乏しさもそうだが、一般常識の欠如もあるような気がする。

引用した10月7日の日経の「ネット出店 トラブル続出」の記事のすぐ下に「振り込め被害全国で140万人ー警視庁推計」の記事がある。140万人とは、今まで詐欺にあった人の合計だが、警視庁は全国の成人約1億人のうち3500万人前後が過去に何らかの形で、振り込め詐欺から連絡を受け、140万人前後が被害に遭ったと推計している。

あれだけ警告、注意を喚起されながら未だに高水準で被害が出ているらしいから、これに比べると、ネット上で人をだますことなど、その気になれば、赤子の手をひねるようなものなにかも知れない。

ネット社会でメシを食っているとよく遭遇することだが、ネットを知らない
、リアル社会でしか生きて来なかった人たちは(インターネットをあまり知らない一般の人たち)、ある日、何かの縁で自分がネット社会に入ると、リアル社会ではおとぎ話のようなことでも、ネット社会では、たやすく手に入れられるような錯覚を起こしがちである。

現実の町なかでショップを開店しても、当初の客は隣近所か、友人知人、案内状を出した人たちだろうということで、納得するが、ネットショップは、日本中が相手だという、錯覚に似た期待値を抱いてしまうのである。

まちなかでショップで商売をやっていた人が、ある日、お金を払ってネットショップを運営し出すと、明日からとは言わないまでも、短期日で注文が入ってくるような錯覚に陥る、ということである。

それが、「二三ヶ月で元を取れますよ」という、殺し文句に数十万円も出す結果になってしまうのであろう。

このアフィリエイトポータルネットの読者は、かなり経験を積んだ人たちが多いので、ネット社会の常識と技能も持ち合わせているから、このような記事で警告を発すること自体無用なのかもしれないが、皆さんの回りには、大新聞で大きな記事を載せられるほど、被害が発生していると言うことを良く心にとめておいて頂きたい。

ドロップシッピングについて、殆ど無料で参加できる企業として、先に、「もしも」「リアルコミュニケーションズ」を挙げたが、念のためにURLを加えておきます。


・もしも
http://www.moshimo.com/

・リアルコミュニケーションズ
http://ds.realcoms.co.jp/

・中古パソコン専門の企業「デジタルドラゴン」
http://www.uricom-net.com/

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/1012


このページの先頭へ戻る