RSS
ホーム > インターネット事情 >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

【海外】世界最大のオークションサイトeBayに、社会問題に関する「不平・不満文書」がオークションに

投稿者 石川洋一 2005年04月11日 10:28

オークションサイトは、何も物品のみを載せるものではないらしい。世界最大のオークションサイト、 eBay に、一人のアメリカ婦人が、”自分の息子が学校で虐待された”という問題をオークションに出した。

下記のサイトをごらん頂きたい。
eBay Auctions As Political and Social Commentary


この記事を書いたのは、eBay に関する記事を数多く書き、IT評論家としても知られている Sydney Johnston さん。上記サイトに彼女の写真がある。

さて、このオークション、どのようなオークションかというと、サイトでおわかりのように、首のあたりに擦り傷を負った子供の写真があるが、この写真と、その下につながる、えんえんとA4で、1ページにも及ぶ、この事件の経緯を書いた、この子供の母親の文書である。写真と文書、この2つをオークションに出しているのである。


文書は、「ジョージブッシュ大統領及び、我が国に於ける有力者の方々」に宛てられている。

この写真の子供は、小学の5年生だが、学校で先生に虐待をうけ、首に傷を負った。このようなことが許されるのかというのが、主旨のようだ(筆者も長すぎて全文を読み切れない)。この「虐待」を受けたときに、ガラスコップが割られ、子供のTシャツも汚されたという。自分の子供の正当性と、学校の対応を批判しているのがこの文書である。

そして、最後に次ぎのように書かれている。

「私は近くブッシュ知事(現大統領の弟でフロリダ州知事)に会いに行くべくアポイントを申し込んでいます。そして私は、ここに起こったことが2度と起こらず、子供達を保護するように法律が変更されるまで、この行動を止めません・・・神様のご加護を」

「このオークションで得たお金で、私は割られた2ヶのコップと汚されたT-シャツの代わりに新しいシャツを買うつもりです」


さて、ここに書かれていること自体も問題だろうが、このような「自分の不平不満をオークションサイトに出し、それを取り上げた eBay」に対する評価もどのようになるのだろう。

このオークションは日付でおわかりのように、4月8日にだされており、日本時間で9日に当たる。昨日今日の最新の情報故、これに対する反応をメディアで見ることはできない。

筆者は、オークションには詳しくないので、日本の状態について知識がない。詐欺事件で騒がれている問題を新聞記事で読んでいる程度である。

日本にこのようなオークションが出たら、日本の大手のサイトは取り上げるだろうか。この問題は、eBay の現在の社会文化に対する力を見せつけるものであり、21世紀の新しい社会問題の取り上げ方として、新しい方法であろうと、上記のSydney Johnston さんも書いている。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/602


このページの先頭へ戻る