RSS
ホーム > インターネット事情 >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

【海外】世界最大のスパマーの一人、シアトルで逮捕

投稿者 石川洋一 2007年06月17日 08:55

スパムメールに悩まされている方にはちょっとした朗報である。もっとも海の向こうの話だから関係ないのかな・・??

皆さんに海外の話題をお届けするために、ここ6?7年、アチラのサイトを覗いたり、メルマガを購読したりしているおかげで、横文字スパムが数百と入ってくる日々に、いい加減疲れ果てていたところ。

そこへグッドニュース!「世界でトップ10のスパマーの一人シアトルで逮捕」。MSN(マイクロソフト)の報道である。サブタイトルがあって、「連邦政府言明、コンピューターユーザーはこの逮捕によって、ジャンクメールの減少を感じることになろう」。

逮捕された男は、27歳のロバート・アラン・ソロウエイという男。”ゾンビ”コンピュータネットワークを使って数百万というスパムメールを送っていたということで告発された。マイクロソフトの全世界インターネット安全プログラムの上級ディレクター、ティム・クラントンによれば、彼は全世界のトップ10スパマーの一人であるとのこと。「彼の存在は、当社の顧客にとって大変大きな問題でした。逮捕されたということですが、まことに良いニュースです」。

連邦大審問は先週、郵便詐欺、通信詐欺、イーメール詐欺、マネーロンダリングなど、彼に対して35の訴因で告発した。ソロウエイはそのすべてに対して罪状否認。しかも、政府によって差し押さえられた彼の4つの銀行には弁護士を雇える十分な金があるとのこと。

彼は豪華なアパートに住み、高価なメルセデスベンツのスポーツカーを乗り回していたとは、検事のカスリン・ワーマの言。検事はソロウエイが、そのビジネスから得た収益に対し、77万ドル(約9000万円)の追徴金を考慮しているとのこと。

検事によれば、ソロウエイは2003年から数百万のジャンクイーメールを送っており、2005年にマイクロソフトなどが彼に対して民事裁判で勝訴した後も、その行為を続けていたという。

今回、連邦検事が誰かのインターネットドメインを犯したという問題でスパマーを窃盗罪で告発したのは、アメリカでも初めてのケースで、ソロウエイがどのくらいの量刑を受けるかガイドラインはないが、少なくとも10年は刑務所に入ることになるだろうと言われている。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/901


このページの先頭へ戻る