RSS
ホーム > 編集後記(石川) >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

編集後記。オンライン書店が運営する教育プログラム、他

投稿者 石川洋一 2001年10月23日 09:34

【オンライン書店が運営する教育プログラム、”バーンズ&ノーブル・ユニバーシティ”】

バーンズ&ノーブルは、アマゾンドットコムに次ぐオンライン書店。アマゾンの多角化に比べて、こちらはその面では影が薄いが、本業の本の方ではなんとかがんばっている。このバーンズ&ノーブルが読者サービスのために力を入れているのが、バーンズ&ノーブル・ユニバーシティである。

インターネット上の無料のオンライン教育コースで、毎月50以上のコースをオープンしている。内容は多彩で、コンピューターの技術・スキルから、文学、ビジネス、自己啓発など選ぶのに苦労するほど何でもある。

バーンズ&ノーブルをここで紹介するのは、単にこのオンライン書店が、アフィリエイトプログラムの優等生であるだけではない (アフィリエイト数、約28万サイト)。 オンラインユニバーシティは日本に数多くあるオンライン書店が取り上げても良い課題ではないかと思うからである。

ユニバーシティと名乗るだけあって、講師に著名人をもってきたりして、そのあたりのお手軽な家庭講座とはちょっと違うようである。書店という適材の講師を調達出来る立場にあるからこそ出来る講座である。

日本のオンライン書店はますます競争が激しくなる。既に行き詰まりを見せているところもあるようだが、正念場はこれからであろう。これらオンライン書店の多くがアフィリエイトプログラムを利用しているが、バーンズ&ノーブル・ユニバーシティのような教育プログラムは、継続的な固定客をつかむには非常に有効な方法である。

バーンズ&ノーブルの場合、講座自体は無料ではあるが、教材として一二冊の本を買う必要がある。これで若干の経費を賄うことになっているのであろう。一講座に数百人の受講生があればかなりの売り上げにはなる。しかし、ここで利益を挙げるのではなくて、目的はアフィリエイトプログラムのように、固定的なファンをもつことであろう。

オンライン講座は腐るほどあるが、著名な書店が著名な講師を迎えて、無料でしかも質の高いもの、となると多くはない。日本のオンライン書店でも検討してみては如何・・・?


【ヤフーのADSL入会申し込みについて感じたこと】

ヤフーのブロードバンド参入は衝撃的であった。おかげでADSLの価格構成が一気に変わってしまったが、こういう筆者も自分のSOHOのインターネット環境を少しマシなものにしようと、ヤフーに申し込んだ一人である。ブロードバンドのデモンストレーションなどを実感してみると、宣伝文句ではないが、「もはや、昔に戻れない」。

しかし、インターネット関係の仕事をやっていると、まだ、大半の人たちが旧来のせいぜいISDNくらいでやっていると思うと、そのことが頭にあってあまり積極的に取り入れてみようとは思っていなかった。やはり多くの人たちと同じ環境におくことが大事だと思っているからでる。

そこへ、ヤフーから電話があって、接続の準備が整いましたから、NTTへ連絡して次のことをやってくれとの依頼である。

1.NTTの116番へ電話して、今のISDN契約を解除して、アナログ回線にする手続きをしてもらいたい。

2.NTTの回線切り替え工事予定日を確認してもらいたい。

3.NTT116番の担当者名を聞いておいてもらいたい。

4.回線番号が変わるならば、新しい電話番号を取得しておくこと。


以上のことは、あらかじめ知識として持っていたから、それはそれでよいのだが、問題は、今のISDN回線を解除してから、ヤフーのASDLに切り替わるまでの日にちである。ヤフーの担当者は、10日から2週間くらいかかるという。

これは何を意味するかというと、この間、ISDNが使えなくなるということである。
仕事の関係上、一日のウチ、寝てる間はともかくとして、殆ど回線をつなぎっぱなしにしているので、これが出来なくなる。ビンボー人にはそんな電話料など払えない。またいちいち電話線をきっていては仕事にならない。

電話口の担当者に「仕事でインターネットをほとんどつなぎっぱなしにしているので、2週間も待てと言うことはこの間、まともな仕事が出来ないということではないか」とクレームをつけてみた。

電話の向こう側では、がんがん電話でのやりとりが伝わってきて、何か戦場のような様相である。ヤフーの下請けが何かなのだろう。100万人の申込者をさばこうというのだから大変である。

電話口に出た女性の担当者はあまり知識の持ち合わせがないらしく、こちらが質問すると、いちいち上司に聞いてから返事をする。また、この担当者と上司とのやりとりが電話口から伝わってくるのである。担当者が「10日も待てないと云っていますが・・」と、上司に聞いている。上司は「それ以上は短くならないわよ」と答えている。

こんなやりとりが続いたのだが、相手と話している間に、何となく、ヤフーに対する信頼感が薄れて行くのを感じていた。電話相手がこの件に関して知識が乏しいこと。やりとりが電話口から聞こえてくる無神経さ・・・。恐らくこのような下請け(はやり言葉でいうと、アウトソーシング)をいくつも使ってさばいているのだろうが、これで100万の加入者を満足させられるだろうか・・・・・

ヤフーの計画についてはマスコミでもいろいろと云われているが、たまたま当事者になった一人として、いったいこれで大丈夫なのだろうかと、不安に思った事は事実である。


【全世界を100人の村に縮小してみたら・・・】

友人からメールをもらいました。
アフガニスタンの難民が問題になっているときに興味深い内容だと思います。
このような論理の組立を聞いた記憶の人もおられるでしょう。
とにかく、ご紹介しましょう。


もし、現在の人類統計比率をきちんと盛り込んで、全世界を100人の村に縮小するとどうなるでしょう。

その村には・・・

 57人のアジア人
 21人のヨーロッパ人
 14人の南北アメリカ人
 8人のアフリカ人がいます

 52人が女性です
 48人が男性です 

 70人が有色人種で
 30人が白人

 70人がキリスト教以外の人で
 30人がキリスト教

 89人が異性愛者で
 11人が同性愛者

 6人が全世界の富の59%を所有し、その6人ともがアメリカ国籍

 80人は標準以下の居住環境に住み
 70人は文字が読めません
 50人は栄養失調に苦しみ
 1人が瀕死の状態にあり
 1人はいま、生まれようとしています
 1人は(そうたった1人)は大学の教育を受け
 そしてたった1人だけがコンピューターを所有しています

もしこのように、縮小された全体図から私達の世界を見るなら、
相手をあるがままに受け入れること、自分と違う人を理解すること、
そして、そういう事実を知るための教育がいかに必要かは火をみるよりあきらかです。

また、次のような視点からもじっくり考えてみましょう。

もし、あなたが今朝、目が覚めた時、病気でなく健康だなと感じることができたなら・・
あなたは今生き残ることのできないであろう100万人の人達より恵まれています。

もしあなたが戦いの危険や、投獄される孤独や苦悩、
あるいは飢えの悲痛を一度も体験したことがないのなら・・・
あなたは世界の5億人の人達より恵まれています。

もしあなたがしつこく苦しめられることや、逮捕、拷問または死の恐怖を感じることなしに教会のミサに行くことができるなら・・・あなたは世界の30億人の人達より恵まれています。

もし冷蔵庫に食料があり、着る服があり、頭の上に屋根があり、寝る場所があるのなら・・・
あなたは世界の75%の人達より裕福で恵まれています。

もし銀行に預金があり、お財布にお金があり、家のどこかに小銭が入った入れ物があるなら・・
あなたはこの世界の中でもっとも裕福な上位8%のうちの一人です。

もしあなたの両親がともに健在で、そして二人がまだ一緒なら・・・それはとても稀なことです。

もしこのメッセージを読むことができるなら、あなたはこの瞬間二倍の祝福をう けるでしょう。
なぜならあなたの事を思ってこれを伝えている誰かがいて,
その上あなたはまったく文字の読めない世界中の20億の人々よりずっと恵まれているからです。

昔の人がこう言いました。わが身から出るものはいずれ我が身に戻り来る、と。

 お金に執着することなく、喜んで働きましょう。
  かつて一度も傷ついたことがないかのごとく、人を愛しましょう。
   誰もみていないかのごとく自由に踊りましょう。
    誰も聞いていないかのごとくのびやかに歌いましょう。
     あたかもここが地上の天国であるかのように生きていきましょう

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/122


このページの先頭へ戻る