RSS
ホーム > 編集後記(石川) >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

編集後記。ニフティについて思い出すこと、他

投稿者 石川洋一 2001年12月28日 09:24

●ニフティについて思い出すこと。

今朝の日本経済新聞にソニーがニフティを買収するとの記事が載っていた。ニフティもいよいよ富士通系列を離れることになるのか・・・。

ニフティについてはある思い出がある。古い話しである。ニフティサーブ(当時はそう呼んでいた)がまだ半蔵門の東条会館の裏側にオフィスを構えていた頃である。筆者は当時、アメリカの高等教育(大学や大学院)のプログラムを日本に誘致する仕事に携わっていて、その関係の本を実業之日本社から出版した。日本人向けにいろいろの資料を添付したアメリカ大学案内である。2000校近い大学のデータベースともいえるものである。

コンピュータ通信に関心のあった筆者は、このデータをニフティに載せられないかと、ニフティのオフィスを訪ねたのである。ニフティも当時はたいしたことはなく、筆者の話に前向きにのってくれたのである。担当者と何回かの打ち合わせも行った。ところが、幸か不幸か、筆者の関係していたプロジェクトが、NHKに取り上げられたり、新聞にも出たりして、ブームに火がついてしまったのである。ニフティどころではなくなったのである。結局、この話は立ち消えになってしまった。

それから、10年近く経った。アメリカの大学のプロジェクトは人手に渡り、筆者の関与するところではなくなった。

時々、あのとき、アメリカの大学のデータベースをきちんと仕上げていたら、ニフティの発展とともに、日本人に対するアメリカの高等教育のデータベースとしては日本一になったのではないかと、思い出すときがある。

後年、このデータの一部で、「アメリカ留学オンライン」と題するホームページを創り、NEC・マイクロソフト共同のホームページコンテストに応募して大賞を頂いた。

こうした、後ろ向きの思いに浸るときは、人間、あまり先がないそうである。年が改まるとまた一つ年を重ねるような気がする昨今である。

●わがSOHOにADSL開通。

フレッツ・ADSLが今日27日、わがSOHOに開通した。申し込んだのが12月18日。10日足らずで開通とはNTTにしてはあまりにも上出来である。申し込んで3日目に申し込み確認書と接続マニュアルが届き、5日目にはモデムが配送されてきた。なんと手際の良いことよと感心させられた。

先に、Yahoo! に申し込みだけはしたが、電話での応対に不安を感じ(応対者が全く何もわかっていなかった)、正式な申し込みを保留していたがどうもそれが正解だったようだ。その後、Yahoo!にはさまざまの問題が吹き出し、裁判沙汰にまでなっている。しかし、Yahoo! のおかげで価格破壊が起こり、ブロードバンドの楽しみを多くの人々が味わえるようになったのは、まあ、けがの功名というところか。NTTがこれだけ様変わりしただけでも上出来である。やはり、競争は必要であることを痛感した。

ただ、インターネット上に発表する物を書いたり、頼まれてホームページなどを作っていると、まだ、ADSLに加入していない多くの人たちのことを考えて作業しなければならず、神経を使っていくことになるだろう。まずはわがSOHOが幾らか仕事の処理が早くなってくれることを望むものである。

●「このサイトは Mosaic 1.0 Netscape 1.1以上でご覧ください」

最近、仕事の都合で多くのサイトを検索することが多くなった。時々非常に懐かしいサイトに遭遇する。1995年頃にオープンしたサイトなのだろう、「このサイトは Mosaic 1.0 Netscape 1.1以上でご覧ください」の表記がある。

そういえば、私も最初のブラウザーは Mosaic だった。それが Netscape になった。最近インターネットを始めた人には全くなじみのない名前である。Netscape は知っていてもMosaicは知らないだろう。マイクロソフトなどは、ビルゲイツが「インターネットなどというのは先行きどうなるか分からない代物である・・」などと言っていた時代で、日本の有識者がインターネットはすぐに消えていくキワモノである、と大新聞に書いていた時代だった。

その頃作られたサイトがまだ生き延びている。検索しながらもそのようなサイトに出会うと懐かしみが沸いてくる。インターネットの世界はドッグイヤーとは良く言ったものだが、それから約6年、ケイタイでインターネットが見れ、ブロードバンドで世界が変わろうとしている。

あと5年後を考えると、我々が関係しているアフィリエイトプログラムはどうなっているのだろう。

中学校でアフィリエイトプログラムに入ることを教えられ、子供たちはアフィリエイトプログラムを通して参考書を購入する。お小遣いはアフィリエイトプログラムで稼ぎ、教室ではどのプログラムが良いかがディスカッションされる・・・。

国会では「アフィリエイトプログラム加入」がホームページを持つ人に課せられるという議案が論議されることになった・・・・・

初夢は、まだ1週間先の話しである。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/151


このページの先頭へ戻る