RSS
ホーム > 編集後記(石川) >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

禁煙、減煙希望者に朗報、安全性に配慮した格安電子タバコの出現

投稿者 石川洋一 2011年01月19日 21:10

昨年8月、国民生活センターが発表した「一部の電子タバコに微量のニコチンが含まれる」としたテスト結果は、メディアに大きく報じられたため、タバコの大幅値上げを前にして、電子タバコをその選択技のひとつに考えていた人々、及び、それに期待していた電子タバコ業界に、ちょっとしたショックを与えました。

電子タバコ業者の一部から強い反発の声も聞こえ、国民生活センターは、10月1日に追加発表をして、業界の意見も公表しました。

抗議の一部に次のようなものもありました。

「・・・経済苦境の中、新しい製品を拡販しようと真剣に尽力している会社も多くあり、ようやく広がり始めた「電子タバコ」のすべてが悪いというイメージを消費者に与えるような開示表現は避けて頂きたい」(株式会社シーズンテック)

「今回のような発表は、流通や購入者の方々に十分な情報を伝えておらず、本来必要のない不安を喚起し、混乱を招きかねません・・・」(株式会社宝島社)

これらの全貌は、こちらをご覧になって下さい。

◆安心、安全を旗印に新電子タバコの発売
業界の抗議はいろいろとありましたが、国民生活センターのテスト結果の発表は、電子タバコ業界に非常に良い刺激を与えたのは事実です。

今までは、電子タバコの吸引部分のカートリッジは、殆んどの業者が価格の安い中国製に頼っていましたが、今回の”事件”で、業者の100%近くが、自分の目の届く範囲にある国産カートリッジに切り替えました。

そして、しかるべき検査機関のテスト結果表を添えています。

「安心・安全」をうたい、国産のカートリッジを使用した電子タバコの一部はこちらでご覧になることが出来ます。

◆高品質の低価格電子タバコ(1,980円)の出現
中でも、今までにない現象は、日本でもベストセラーを続けているトップ業者が、一部機能を削って、非常に安価な電子タバコを売り出してきたことです。

今までは激安電子タバコというと、「安かろう、悪かろう」を地で言ったような製品が多々見受けられましたが、そのような製品に危険を冒して手を出す必要がなくなったわけです。

その低価格電子タバコの一部をこちらでご覧になれます。

国産カートリッジが3本付き(1本で普通タバコひと箱に相当)で、税込1,980円は、今までの電子タバコの壁を破ったかなりのお得価格だといえます。国内の検査機関の証明書つきですので、安全問題はクリアしています。

まあ、これだけに限らないのですが、電子タバコ業界では、ブームに乗った利益第一主義から、長期戦略へとギアを入れ替えてきています。

禁煙、減煙を考えている方は、これら「電子タバコ」の現状を検討してみる価値がありそうです。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/1040


このページの先頭へ戻る