RSS
ホーム > 広告主・国内事例紹介 >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

【国内】アフィリエイトマーケティングの「ブランディング効果」、世界最小企業の一つが、Google/Yahoo 検索でゼロから850へ

投稿者 石川洋一 2002年11月08日 18:50

先に、世界最大企業の一つ、Walmart がアフィリエイトプログラムに参加し、売り上げそのものよりも、ブランディング効果をねらっているとの記事を載せた。それと対比する形で、「世界最小企業の一つ」がアフィリエイトプログラムに参加して、どの程度の成果、特にブランディング効果を挙げているかをご紹介する。

新しいマーチャントの方はぜひ、参考にして頂きたいし、アフィリエイトのかたがたは、この「世界最小企業」に注目していただきたいと思います。


●三月まえにはまったく無名、検索ゼロだった。

Google / Yahoo で、「生活アートクラブ」または、「生活アートクラブ、環境」を検索して頂きたい。

◆11月8日現在の数字だが、前者ではそれぞれ 284/272 と出る。

昨年、2001年に産声を上げた「世界最小企業」の一つだが、「世界の水環境」を変えようとのポリシーを掲げ、加えて、健康に留意した製品ばかりを集めて売っている。アナログの世界では、その企業姿勢と独自開発の製品の良さが認められて、半年ばかりの間に、日本を代表する健康・環境専門の大商社三社を始め、多くの企業の扱うところとなり、北は北海道から南は九州まで、製品が売れ出している。

対して、デジタルの世界では、まったくゼロの売り上げ、知名度のため、いまはやりのアフィリエイトプログラムを利用しようと、A8ネットと電脳卸を利用させてもらって、オープンしたのが今年、2002年8月中旬である。

もちろん、その当時、「生活アートクラブ、環境」と検索しても、結果はゼロだった。それから、三月弱、結果は上記のとおりである。

アフィリエイトプログラムに参加しないで、どこかのショッピングモールに参加していたらどうだっただろう? 検索結果はもっと低かったに違いない。


●初めて市場に出る、「笹炭」とブランド名「ささぼー」の検索結果は?

扱い商品の一つに、日本の市場に始めて出た、北海道千島笹を焼き上げて作った、笹の炭がある。三月前、検索してもこれもゼロに近かった。いま、「笹炭」で検索すると、

◆Google / Yahoo、それぞれ、342/333 と出る。

もちろん、生活アートクラブの扱い製品の「笹炭」が検索の大半を案を占めている。

この笹炭のネーミングであるが、「ささぼー」と名づけた。「ささぼー」で検索すると

◆Google / Yahoo、それぞれ、294/273 と出る。

「ささぼー」の中には、人のあだ名などもあると見えて、すべてが生活アートクラブの扱う「ささぼー」ではないが、検索の90%は、同社の「ささぼー」である。


●新製品、「美葉うおっしゅ」は850の検索

独自開発の製品に、洗濯石けん「美葉うおっしゅ」というのがある。変わったネーミングだから、三月前に検索してもゼロだった。今検索すると、

◆Google / Yahoo、それぞれ 858/743 と出る。

この「美葉うおっしゅ」は、「水鳥が憩う」洗濯粉石けんとして売り出したのである。ネーミングも変わっているが、キャッチフレーズを効いたのだろう、多くのアフィリエイトサイトの扱うところとなった。

●もう一つの新製品「リカバリー」は、トップに表示

生活アートクラブには、もう一つの独自開発の食器洗い石けんがある。「リカバリー」と名づけている。「魚が跳ねる」台所石けんとして売り出している。しかし、「リカバリー」という、言葉自体、コンピュータのリカバリーなどを含めてどこででも使われているありふれた言葉である。したがって、検索するとGoogle の場合、約57,000件が出てくるが、

◆Google / Yahoo、57,600件のトップが、同社の「リカバリー」なのである。

ちなみに、二番目は、大塚商会の「データリカバリー」である。


●アフィリエイトプログラムのブランディング効果

もちろん、上記の検索方法が、一般の検索方法と違うのは認める。「笹炭」を除いて、「生活アートクラブ」と検索することもあまりないだろうし、「美葉うおっしゅ」と検索することも少ないに違いない。目的にもよるが、検索するとすれば「石けん、環境、洗剤」といった検索方法が一般的かもしれない。

しかし、どのような検索方法にいろ、「美葉うおっしゅ」のように、三月前にゼロだったものが、900に近い検索結果が出るとなると、アフィリエイトプログラムの「名前を広める」効果を認めざるを得ない。


●ブランディング効果と販売実績

しかし、ブランディング効果と販売の実績は結びつくのかというと、現在のところ、即効果が出たというものではない。

アフィリエイトプログラムに参加して三月弱の現在、A8ネットのアフィリエイト数が約500、電脳卸が、約110である。これが多いのか少ないのかは他の比較が手元にないのでなんとも云えないが、まったく未知の新しい商品、ショップサイトにしてはそんなものかという所であろう。

注文数は、まだ、50件に満たず、小額の注文が多い。
これは、ショッピングモールを開設した当初の宿命かも知れない。知名度のない初めての店で大きな買い物をする人はないだろう。ただ、その「地球の水環境」を守ろうとする姿勢に、ファンがどんどん増えていっているとのことなので、ブレークするのもあまり遠くないことだと思う。

以上、「生活アートクラブ」のデータを使用させてもらって、アフィリエイトプログラムの実際をご紹介したが、今、「生活アートクラブ」は、業界の注目の的になっているそうで、小さいながらも、これからの可能性を大いに秘めているといえる。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/297


このページの先頭へ戻る