RSS
ホーム > 検索エンジン事情 >

ネット広告サービス比較

アフィリエイト・マーケティング協会
サイトキャッチャー

誰でもできる!ブログで簡単!アフィリエイト

アフィリエイトに役立つジャンルの本

このランキングは、当サイトのどのページにリンクしていただいても反映されるようになっています。
アクセス解析

【トレンド】アメリカのSEOマーケティング業界に激震走る。Google のアップデートにより、SEOテクニックが無効に! スタッフの首切りにも発展!

投稿者 石川洋一 2003年12月19日 18:00

ここ二三週間、アメリカのSEO(検索エンジン最適化)関連のニュースは、Googleが、11月末に行ったとされる、かなり大規模なアルゴリズム(検索結果を出す演算手順)のアップデートの話しで持ちきりである。日本も、この影響を受けているように思えるが、SEOの専門家の方々いかがでしょうか? 個人的には、関連しているサイトの物品のランクが、二週間くらい前と大幅に入れ替わっており、今までに経験したことのない変化に驚いている。

アフィリエイトプログラム関係者も、検索エンジン最適化は、サイトを維持管理していく上で最大の関心事の一つである。アドセンスも正式オープンしたことだし、SEO関連のニュースをここしばらく取り上げていくことにする。海外の幾つかの論評を、我々に関心があると思われる部分のみ、ピックアップしてご紹介してみよう。

◆順位の大幅入れ替えでパニックに! スタッフの首切りも!
Bizresearch.comと言えば、アメリカではちょっと知られたSEOの専門の会社だが、その創立者兼社長のLaura Thieme が、最近のGoogleのアルゴリズムのアップデートの一例を次のように語っている。

「我が社の顧客に、盤を使ってするゲーム、”ボードゲーム”を売っている会社がありますが、過去18ヶ月、Googleの検索結果で、トップ20位を落ちたことがありませんでした。ところが、11月以降、最近のGoogleのアップデートにより、800位以内にも入らないのです。順位が時々刻々と変化して、今までの順位は何だったのかと、顧客の間にはパニックが起こっています」

もう一つの例を挙げよう。安売りコンピュータサイトとして有名な、Cheap Computer Guideは、過去15ヶ月間、"cheap computers" の検索では、No.1の位置を占めていた。ところが、Googleのアップデイトの後、突然、12位に転落、その後、5位に上がってきて、また、1位になったという。

更に、深刻な事態が起きている。Googleの検索結果と、そのリスト掲載に頼っている小売商は沢山あるが、それらがGoogleの最新のアップデートにより、軒並みリストから落ちてしまって、売上を大幅に減らし、スタッフの首切りまでせざるを得ないところが出てきている。

様々のニュースやレポートを総合すると、次のような手順が最新のGoogleのアップデートに影響していると見て良いようだ。そして、ランクの変更をもたらし、ある場合には、Googleから見捨てられるという目に会うようである。


◆無責任なリンク付け
多くの小売りサイトに見られるようだが、いわゆる、Googleでは禁止されているSEOテクニックを使った場合である。無関係なサイトリンキング、同じキーワードを大量に使用したスパム行為、トップランクにある競争相手を追い落とすための隠れたサイトテキスト等々を使ってきたサイトが影響を受けているようである。

このような行為に対しては、Googleは、従前より警告を発していたが、このたびのアップデートで、遂に、実際行動に出て、罰を加えた、というように見える。Googleは、サイトの品質を保つためのガイダンスとして次の点を挙げている。

*隠れたリンク、隠れたテキストを差し控えること。
*クローキング或いはスニーキーな、(隠れてずるいことをすると言った意味)re-directs を使用しないこと。
*Googleにオートメ化された質問を送るようなシステムを作らないこと。
*サイトには無関係だが、ランクを上げるための”word”を使ったページを載せないこと。

同じページを幾つも作ったり、同じサブドメインを使ったりして、実質的には同じ内容のものを複数作ったりする、といった行為をGoogleは好まない。

◆Googleの品質管理のディレクター、Peter Norvigは、12月の始め、Traffick.com のインタビューで、”してはいけないこと”に触れて次のように云っている。インタビューによれば、Norvigは、Googleの意図するところは、”ページを正しい、価値あるものにするということである”と言っている。

”我々は、今までは、リンクとキーワードについてのみ観てきました。しかし、今はその他の多くの問題を一緒に観るようにしています。ページの ”真の意味”を伝えようとし、ページにより多くのいろいろなタイプの情報を盛り込んだ、質の高いものを求めております”と、Norvigは続けている。

◆12月11日付けの、WebProWorldで、編集者のGarrett French は、Googleの消費者ウエッブ製品のディレクター Marissa Mayerとの単独インタビューを発表しているが、その中でMarissa は、ウエッブマスターに対して次のように云っている。

”もし、あなたのサイトのランキングが落ちたならば、あなたは誰にリンクを付けているか、誰からのリンクがあなたに付いているか、と言う問題に立ち戻ってよく観て下さい。もし、これらのリンク先の人々がスパムと呼ばれるテクニックを使っているならば、それが理由であり、あなたのサイトはもはや、Googleに現れることはないでしょう。”Marissa は、更に次のように続けている。

”ユニークな、役立つ有用な内容を持つコンテンツを作って下さい。サイトマップを作りなさい。テキストベースのブラウザーで、容易にアクセスできるように作りなさい。サイトを階層的な構造にしなさい。多くのサイトを持つよりは、内部に多くのミニサイトを持ち、一つのドメイン名にしなさい”

◆Google、新しい ”ステミング・テクノロジー(stemming technology)”を使用。
(ステミング・テクノロジーとは、検索エンジンが、ある語の語幹を基にさまざまな変化形を検索する機能。例えば、swim を入力するだけで、swims や swimming を検索すること。どの変化形を検索するかは検索エンジンによって異なる。次のサイトで詳しく説明しているので、ご覧頂きたい。)
http://japan.internet.com/webtutorial/20020520/1.html

Googleは、次のように云っている。
「Googleは、今、ステミング・テクノロジーを使用しています。それ故、あなたの検索条件で検索するだけでなく、その条件と合致し、一部でも合致する条件の言葉を検索します。例えば、あなたが ”ペットの食事療法(dietary)に必要なもの”を求めているとしたら、”ペットの食生活(diet)に必要なもの”も検索し、その他の関連語句を検索します。検索された、あなたの条件の幾つかの変形が、各結果と共に、表示されます」

ステミングの付加が、多分、検索者や検索エンジン最適化に携わる人々が考慮を払わなければならない、最大の変化ではないだろうか。Googleで、"Travel tips" (旅行の秘訣)を検索すると、Googleは、関連語の travel, travelers, traveling, tips そして tip を観ているという。

◆納得行く、Googleダンス。
Googleのアップデイトを更に良く観ていくと、更に納得が行くのである。Googleは、スパムリンクや、SEOテクニックを使って一枚の紙でアフィリエイトマーケティングを行っているようなサイトをフィルターでふるいにかけている。今回のアップデートは完璧ではないが、しかし、検索エンジンスパムを使っているようなサイトが結果の上位に来ているとしたら、なぜ、Googleを検索エンジン一番手として使う必要があるのだろう。

Googleは、関係する検索結果を表示するものであって、特定の条件に対して ”仕組まれたテキスト”を表示するようなサイトではない。それ故に、注意深く、よく計画された検索エンジン最適化が各社にとって重要になってくるのである。

◆Googleの”新しい”インデックス(指標)に対して、上位にランクされる秘訣とは次のようなものである。

*あなたの持っている内容とサービスに重点をおいたサイト作りをすること。
*リンクを張るために、リンクページを使ったり、マルチリンキングキャンペーンをする代わりに、多くの他のコンテンツの中に、あなたのサイトにリンクを張るような(人があなたにリンクを張ってくれるような)サイト作りをしなさい。
*Googleのページランクを、あまりシリアスに捉えないこと。
*あなたのサイトに関係のない内容を持っているサイトにリンクをつけたり、リンク付けを要求しないこと。
*あなたのサイトの幾つかのリンクやキーワードが高いランキングを得られなかったら、あなたのサイトをあなたが表示してもらいたいと思っている諸条件に関連付けなければなりません。それには、コンテンツが ”すべて”であることに思いを致しなさい。書き加えなさい、更に書いて、そして書いて、内容を充実させなさい。


ここで、「秘訣」といっているようなことは、何も事新しいことではない。ホームページ作りの基本である。基本を忘れて、SEOテクニックに走りすぎたサイトに対して、お灸をすえようとしているのが、今回のアップデートのようである。

次回も、この問題に対して最新の情報をお伝えします。

このエントリーのトラックバックURL
http://www.affiliateportal.net/mt/mt-tb.cgi/387


このページの先頭へ戻る